<< はるいろのとき 春爛漫 >>
5.4 長野オリンピックスタジアム 対横浜DeNAベイスターズ(ファーム)
c0197772_18414316.jpg


c0197772_184234100.jpg


c0197772_18432230.jpg




c0197772_18441039.jpg


c0197772_18444288.jpg


c0197772_18475312.jpg


c0197772_18454850.jpg


c0197772_18464275.jpg


c0197772_18491114.jpg


c0197772_1849509.jpg


c0197772_18502039.jpg

ようやく、今季初勝利となりました!
by ya_mura | 2012-05-05 00:30 | 2012信濃グランセローズ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://jesterspic.exblog.jp/tb/17916657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by らんでぶー。 at 2012-05-05 06:16 x
先制タイムリー、追加点のスクイズ、好守と今日はハヤトが大活躍でしたね。あと大平があたってきましたね。開幕から結果こそ出ていませんでしたが体つきやスイングの力強さは一つ抜けている感がありました。昨日と合わせて内容のある3安打。もしかしたら横浜側もデータをインプットしたのかなー(^-^)それと今日初めて気がついたんですが、この交流戦はBC側がDH制。横浜側はセ・リーグ方式でピッチャーがそのまま打席に立っていました。イースタンリーグの公式戦と同時進行で行われているこの交流戦は横浜側にとっては練習試合の意味合いも感じられました。
Commented by ya_mura at 2012-05-05 08:05
らんでぶー。さん
コメントありがとうございます。
この試合はハヤト選手大活躍でありました。まぁ…やるべきことをきちんとやれば、このくらいの活躍は普通にできるのでしょうね。
大平選手については、スイングの仕方や軌道を修正すればもっとフェアゾーンにいい当たりが増えると思います。そこを指導できるかどうかが首脳陣にかかっていると思いますが…どうかな??
横浜側とすれば、実践形式で選手をレベルアップを…という目的があったようです。セ・リーグ方式なので、投手がバッターボックスに立ってどうするか、これも生きた練習になるということでしょう。
伊那で送りバント決めた須田投手は、チームメイトに「ナイス」と言われて「練習してるから」とサラリと言ってのけました。
たまたま目の前でそのやりとりを目撃…「できて当然」的な意識を持って試合に臨む、臨めるものが信濃にはもっと必要なのかもしれません。
Commented at 2012-05-05 08:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ya_mura at 2012-05-05 19:28
鍵コメさん
コメントありがとうございます。
あー、送りバント失敗…!ありましたね~。なんと声を掛けていたとは…見逃してしまいました。
そういえば信濃もバント失敗がありました。そういう「あ~…」と思う瞬間って試合の流れが動きやすいですよね。
個人的にはですね、各選手が自分のやるべきことをちゃんとすれば「試合の流れ」なんてどうでもいいことだと思っているんですけど…実際には勝負を分けるプレー、流れを変えるプレー、みたいのがありますよね。
審判のジャッジでそうなることもあるわけで…まぁそういうのも野球の楽しさの1つなのかもしれませんが…(^^;)
名前
URL
削除用パスワード
<< はるいろのとき 春爛漫 >>